氣光整体 東陽 | 日記 | 「手甲(てっこう)」(4)基本は「手から~」「足から~」

平成元年開業、氣光整体療法発祥の整体院です。あらゆる不調や痛みのご相談を。痛くない施術です。

Top >  日記 > 「手甲(てっこう)」(4)基本は「手から~」「足から~」

氣光整体 東陽 の日記

「手甲(てっこう)」(4)基本は「手から~」「足から~」

2019.04.03

  『「手甲(てっこう)」(1)靭帯と骨格筋』で取り上げた・・ http://blog.livedoor.jp/tarikikikou/archives/52065393.html   ハンドルを握って停車中、後ろから追突されて・・ 左肩の疼き・痛みで夜も寝れないという40歳の主婦のお蔭で、 私の仮説『腱・靭帯理論』が誕生したのですが   他にも、いろいろ考える“タネ”も与えられました。   ◎≪なぜ、左肩だったのか?≫ (私の結論は、日本車は右ハンドル・・真後ろから追突されたら 右より、左前腕への衝撃が大きいため! 症状の出方でどの方向から追突されたか?おおよその見当が付きますね)   ◎≪同じような規模の事故でも、症状が出る人、出ない人の差は何なのか?!≫   バンパーがへこんだ程度でも、全身に症状を現す人もいますが、 大破するような事故でもピンピンしている人もいます。 やはり、日常的な体の使い方の差にあるようです。 (特に、前腕骨間の開きの差・・と言ってイイかも)   ◎≪同じく、同レベルの精神的ストレスを受けても、 何の症状も出ない人がいる一方 大きなダメージを受けてしまう人もいるが・・その差は?!≫     操体法創始者である故・橋本敬三医師は 『病気・不調の原因は、その人の“息・食・動・想・環”における生活習慣の中にある』 と、言われましたが・・   世間で“生活習慣病”というと、ほとんど「“食”における生活習慣」を指すようです。 しかし“食生活”を変えても、症状が、なかなか改善しない人の方が多いようです。 そこに“動における生活習慣”で作った“結果”に対して処置を施しますと 早急に、改善していきますから、 私は“動における生活習慣”が『土台』だと診るわけです。   「手から~」「足から~」と私が強調しているのは、 現在の医学・医療では“腱・靭帯と、交感神経と、骨格筋の関係”について  “盲点”になっているからです。 すなわち、現在の医療機関での治療において、一般に言えることは・・ 『“動”における生活習慣』・・すなわち、身体の使い方から ⇒腱・靭帯・骨膜の異常が原因での症状が見逃されていると私は思っています。   ********   もうかなり以前の事になります。 お母様のご紹介で、医大:整形外科の中堅の女医さんが「整形外科では治らない」と “すごい肩こり症状”で来院されたことがありました。   そこで、≪なぜ、肩こり症状が起こるのか?≫彼女の身体を使って・・ 過緊張状態の筋肉が・・前腕靭帯の緩みを補強しただけで・・緩解することを 彼女自身が身をもって体験・体感すると・・彼女はビックリ顔でした!!   そこで、改めて、“靭帯~交感神経(腕神経叢)~筋緊張の関係”を、 彼女自身の身体を使って解説すると・・・・・ 「まぁ、学会では発表しない方がイイですよ!邪魔者・排斥されますから!」と。 (“一釘刺して”終わりました・・苦笑)   *******   と、言うことで腰痛、肩こりに限らず・・ アレルギー疾患であれ、精神的ストレス疾患であれ 私は、必ず「手から~」、「足から~」、「頭から~」・・と、診ていくことにしています。   *******   *******   *******   『言靈(ことだま)波動療法』:氣光整体・東陽 http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/index.html  

日記一覧へ戻る

【PR】  hair salon CrOSS  あんな整体院  ハンドメイドスキンケア プロ養成スクールHALL(ハルル)  トランクルーム「キュラーズ 薬院店」  采花